Connect with People人とブランド(企業/商品/サービス)とのつながりを深める

ビジュアルを通じて、自分の大切な人や好きなものとつながれるプラットフォーム、Instagram。
企業もまた、Instagramを形成する重要なコミュニティのひとつです。
さまざまな人が、Instagram 上で自分の好きなブランドとつながることで、理解を深めたり、新しい商品・サービスを日々発見しています。また、Instagramはアクションが生まれる場でもあります。
企業などからの働きかけから見た人のアクションが生まれ、ビジネス上の成果につながります。

本アワードの狙いは、Instagramを活用してブランドと人がつながりを築き、深め、次のアクションを生み出した、広告クリエイティブのベストプラクティスを発掘することにあります。

賞について

グランプリ(1点)

賞金 50万円

準グランプリ(1点)

賞金 30万円

審査員特別賞(5点)

賞金 30万円(計)

応募要項

作品の受付は終了しました。

今後についてはスケジュールをご確認ください。

募集概要

日本国内において、2017年7月1日から2018年9月14日の期間にInstagram上で実施された(継続中も可)、企業・ブランド・自治体などが提供する商品やサービスなどの広告クリエイティブを広く対象とし、施策規模に関係なく、その手法やアイデア、成果などを評価します。

※広告主・広告会社・制作会社のどなたでも応募可能ですが、応募の際には必ず作品権利者(広告主含む)への許諾をお取りください。

応募方法

公式サイトの応募フォームより、必要事項を記入し、作品をアップロード
作品のファイル形式は動画(画面録画)、もしくは静止画(PDF)

応募期間

2018.7.1 ~ 2018.9.14

スケジュール

応募フロー

  1. 応募規定に合うかを確認

    まずはプロモーション作品が募集要項に合致しているかどうかをご確認ください。

  2. 作品を録画&応募

    広告の動作がわかるようにモバイル上で画面録画※し、動画をサイトから応募してください。
    広告掲出期間が終わっているなど動画キャプチャが難しい場合は、静止画で提出いただいても結構です。

  3. 審査結果を待とう

    審査結果をお待ちください。

Instagram広告について

Instagramの広告仕様、出稿方法は以下のサイトをご参考ください。

審査基準

以下のような視点で、審査員による審査会が実施されます。

  1. Resonate with People見た人の心に響く、心を喜ばせる

    • ■ つながりたい人の興味関心・インサイトをふまえたコミュニケーションができているか
    • ■ 受け手の視聴スタイル、視聴環境をふまえた見せ方ができているか
  2. Inspire Actionアクションを誘発する

    • ■ 広告を通して喚起したかったアクションを実現できていたか
      (商品を知ってもらう、ブランドを好きになってもらう、アプリをインストールしてもらう、など)
  3. Thumb-stopping Power親指を止める力

    • ■ 冒頭でアテンションをひくしかけがあるか
    • ■ 受け手に「なるほど」と思わせる発見や、ワクワクさせるような驚きがあるか
  4. Immersive Story見た人を引き込むストーリー

    • ■ 訴求したいメッセージがシンプルに伝わるか
    • ■ 引き込まれるストーリーや演出の工夫があるか
  5. Visual Impactビジュアルプラットフォームならではの表現

    • ■ 質感や細部へのこだわりがあるか
    • ■ モバイル表現としての新規性があるか

応募上の注意点応募上の注意点応募上の注意点応募上の注意点

応募作品は、応募者自身で著作権を有しているもの、または、応募に必要な要素すべての権利者の同意を事前に得ており、第三者の著作権、産業財産権、肖像権、プライバシー権その他一切の権利処理が完了しているものに限ります。
応募作品数に制限はございません。1名(グループ)何作品でも応募可能です。
審査状況に関するお問い合せには、一切応じられません。
応募にあたり、氏名、メールアドレス等の連絡先情報(以下「個人情報」)をお伺いします。
その際、Mobile Creative Awardでご提供いただいた個人情報を、別途当オフィシャルサイト上で掲載する「株式会社宣伝会議・個人情報保護方針(http://www.sendenkaigi.com/privacy/)」に基き、適切に取り扱うものとします。

利用規約と注意事項

「Mobile Creative Award」(以下「当アワード」)は、mobile creative board featuring Instagram(株式会社宣伝会議、フェイスブック ジャパン株式会社の共同企画)が主催するアワードです。
当アワードへの応募を希望する方は、本規約に同意の上で作品を投稿するものとし、当アワードへ作品の応募をもって、本規約に同意したものとみなします。

第一条 アワードへの応募について

著作権/肖像権などが第三者に帰属する素材に関しては、権利者から事前の使用許諾・承認を得た上で応募してください。万が一、当アワードの応募作品に対し、第三者からの権利侵害/損害賠償などの苦情/異議申立てがあった場合、株式会社宣伝会議は一切責任を負わず、応募者が費用負担等を含め、すべて対処するものとします。
応募者は、応募の時点で本規定に同意したものとします。また株式会社宣伝会議が規定に反すると判断した場合、株式会社宣伝会議は応募・受賞の取り消しおよび、賞金などの返還請求ができるものとします。
特に取り決めのない事項については、株式会社宣伝会議の判断により決定します。応募者がその決定を了解できない場合は、応募者は応募を撤回できるものとします。

応募者は、当アワードのさまざまなプロモーション活動に異議を申し立ててはならないことをご了承いただく必要があります。
公序良俗・社会常識にてらして主催者が不適切と判断した作品については応募を取り消す場合があります。

第二条 審査について

審査基準を元に審査員が応募作品の審査を行います。
審査に関するお問い合わせは一切受け付けないものとします。

第三条 入賞について

入賞者の方へは、ご登録いただいた連絡先へご連絡致します。
すべての入賞作品については、当アワードに関連する媒体に使用する可能性があります。
入賞後、当アワードへ動画ファイルの送付/送信を再要請する場合があります。

第四条 個人情報の取扱いについて

応募にあたり、氏名、メールアドレス等の連絡先情報(以下「個人情報」といいます)をお伺いします。
その際、ご提供いただいた個人情報を、別途当オフィシャルサイト上で掲載する場合は「株式会社宣伝会議・個人情報保護方針(http://www.sendenkaigi.com/privacy/)」に基き、適切に取り扱うものとします。

第五条 権利について

応募に際しては、事前にその広告の権利者(広告主を含む)が、そのエントリーおよび応募に関する諸条件を同意していることが必要となります。
また、著作権/肖像権などが第三者に帰属する素材に関しては、権利者から事前の使用許諾・承認を応募者自身で著作の許諾を得た上で応募してください。
当アワードにエントリーされた作品に関して株式会社宣伝会議が発行・運営するメディアやツールに無償で利用することを無期限に許諾するものとします。

第六条 禁止事項

応募者は、当アワードの利用に関して、次の事項を行わないものとします。

  • 当アワードが提供するサービスを不正の目的をもって利用する行為
  • 他の応募者または第三者の著作権、肖像権、その他知的財産権を侵害する行為
  • 他の応募者または第三者を差別、誹謗中傷、脅迫し、あるいはプライバシー、人権等を侵害する行為
  • 当アワードの名誉・信用を傷付け、信頼を毀損する行為
  • 当アワードの運営を妨げる行為
  • その他法律、法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  • その他当社が不適当・不適切と判断した行為

前項に掲げる行為によって、当アワードまたは第三者に損害を生じた場合、応募者はすべての法的責任を負うものとし、当アワードおよび第三者に損害を与えないものとします。
当アワードは、応募者が前2項に掲げる行為を行ったと合理的に判断した場合は、事前に通知することなく、応募の取り消しをすることができるものとします。

第七条 免責

応募者は応募される作品の著作権、肖像権、その他知的財産権について第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとし、当社は何ら責任を負わないものとします。
当アワードは、掲載される作品についてその正確性、完全性または有用性等について何ら保証しません。

第八条 当アワードの一時的な停止

当アワードは、事前の予告なく改変・追加、または予定終了日前に停止または終了する場合があります。

第九条 準拠法・裁判管轄

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

審査員紹介

  • 青木 耕平 氏

    クラシコム 代表取締役

    2006年、実妹である佐藤と株式会社クラシコム共同創業。2007年秋より北欧雑貨専門のECサイト「北欧、暮らしの道具店」を開業。
    現在は、北欧雑貨のEC事業のみならず、オリジナル商品開発販売、
    出版(リトルプレス発行)、オリジナル映像作品の製作配信、広告事業など多岐にわたるライフスタイル事業を展開中。

  • 石井 リナ 氏

    BLAST CEO/SNS コンサルタント

    新卒でオプトへ入社し、Web広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティング支援に従事。初のInstagramマーケティング書籍となる「できる100の新法則Instagramマーケティング」を共同執筆するなど、デジタルプロモーションを中心にライターや、セミナー講師としても活動を広げている。その後、リアルイベントにおけるSNSプロモーションを行うSnSnap(エスエヌスナップ)にて、自身が編集長を務めるオウンドメディア「COMPASS(コンパス)」を立ち上げ、運営を行った。現在は起業し、女性向けエンパワーメント動画メディア「BLAST」の立ち上げ、運営を行う。学生時代より雑誌「ELLE girl」のラボプロジェクトにてリアルイベントの企画や運営に携わるなど、若年層マーケティングを得意とする。
    執筆書籍:『できる100の新法則Instagramマーケティング』インプレス社
    コラム:『#石井リナのゆとりですがなにか』アドタイ、『石井リナのミレニアルズトーク」』朝日新聞DIGITAL
    連載:『Forbes JAPAN』

  • 北風 勝 氏

    博報堂 取締役常務執行役員

    早稲田大学理工学部建築学科卒業、博報堂に入社。モーニングショーの生コマからキャリアをスタートさせ、ラジオCM、グラフィック、TVCM、デジタルと幅広い領域で活動。現在は、博報堂クリエイティブ/ストラテジーのリーダーとして全体を統括。1989年TCC新人賞、98年度クリエイター・オブ・ザ・イヤー特別賞を皮切りに数々の国内賞およびCANNES GOLDやD&AD YELLOW PENCILなど海外賞を受賞。内外の審査員長/審査員経験も多数。証券アナリスト協会検定会員/趣味は油絵・水墨画

  • 佐々木 康晴 氏

    電通 第4CR プランニング局長/デジタル・クリエーティブ・センター長
    エグゼクティブクリエーティブディレクター

    1971年生まれ。電通入社後、コピーライター、インタラクティブ・ディレクターを経て、2011年からニューヨークに出向。帰国後の現在はデジタルのクリエイティブを推進しつつ、Dentsu Aegis NetworkのECDも兼任している。国際広告賞の審査員経験や国際カンファレンスでの講演も多数。
    2011年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト受賞。

  • 中村 洋基 氏

    PARTY クリエイティブディレクター/ファウンダー

    コミュニケーションに「遊びのしくみ」を足すことで、日常をエンターテイメントに変えるアプローチが得意。
    早稲田大学文学部卒業後、電通を経て、2011年に4人のメンバーと、クリエイティブ集団PARTYを設立。
    マイクロファンディングSNS「VALU」発起人。また予防医学の啓蒙活動をしており「広告で人の寿命を延ばす」のが目標。
    TOKYO FM「澤本・権八のすぐに終わりますから」毎週ゲストパーソナリティ。FIREBUG取締役。
    http://prty.jp

  • 冨川 淳 氏

    Facebook Japan 執行役員/クリエイティブショップ日本責任者

    電通のアート・ディレクターとして活躍後、博報堂など数社を経て、2006年にJWTジャパンに入社。後に同社シンガポールのチーフ・クリエイティブ・オフィサー、そしてロンドンのグローバル・クリエティブ・ディレクターとなり、ユニリーバやネスレのクリエイティブ・ディレクターとして、モバイルを駆使したクリエイティブソリューションを提供。2014年より現職。Facebook/Instagramにおける最適な広告クリエイティブ戦略の立案、及び広告の制作を管掌。

お問い合わせ

MOBILE CREATIVE AWARD事務局(宣伝会議内) 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日は除く)